ウィッグの人毛と人工毛の違いは?長持ちするのはどっち?

人毛のウィッグと人工毛のウィッグがあります。
これには、大きな違いがあると言います。
まず、言うまでもなく素材に本物の髪の毛を使っているか否か!? この点が最大の相違点となります。
しかし、人毛も人の髪の毛だけを使っている訳ではありません。
100%天然ものと言う訳でもないので、元々ある髪と全く同じ感じにはなりませんよね。
それでも人毛で作られたウィッグと言うのは、人工毛とは沢山の異なる点があります。
<人毛のウィッグについて> 風合いがかなり自然で長い年月保つことが出来るので、長期的に同じ商品を愛用したいと言う人に向いています。
また、熱に強いと言うことで、ドライヤーを長時間使用する人にも良いですね。
その一方で、人工毛のウィッグと言うのは、ポリエステル、アクリルなどの化学素材を使用していますよね。
その為、人毛よりも艶が強くて、見栄えが良いのが特徴としています。
お手入れも比較的に簡単と言うことです。
※(注意):ただし、人工毛は熱に弱いと言う特性があるのでドライヤーには不向きです。
耐久年数も人毛よりは短いと言います。
基本的に60度~80度位までしか耐えられません。
<人毛のウィッグについて> (笑顔) それに対して、人工毛の方は髪型を変えることは出来ません。
※一般的で、染めると、そのままの色が保たれます。
※人毛と人工毛の特徴を組み合わせた「人毛ミックス」と言う素材のウィッグもあります。
それが良いでしょう。