母子家庭でも教育ローンに申し込める?審査は厳しい?

高校生の学費は安いと思っている方もいるかもしれませんが、私立なら入学金も必要ですし、年間70万円以上もかかります。

学費が払えない場合どのようなことになるか?除籍や退学という最悪の結末も考えられます。

高校は教育機関なのですぐに除籍になることはありませんが3か月以上滞納してしまうと、除籍もしくは退学という道を選ばざるを得ないかもしれません。

払えないときの解決策は借金になりますが借りる際には借入先を慎重に選ばないと借金が膨大になってしまう可能性があります。

国の教育ローンを利用すれば母子家庭や低所得者の方のための教育ローンですので安心して借りることができます。

教育ローンの金利に関して説明すると、教育ローンの金利というものは、金融機関によって大分差があります。

低金利な金融機関であれば1%台からとなっているのですが、金利の高いところでは10%近いところもあります。

銀行の教育ローンでしたら口座を作ることで優遇金利が適用される場合があります。

金利の計算方法というのが、2種類あり変動金利と固定金利という違いがあります。

近頃は低金利の時代ですので固定金利の方が低リスクと言われています。

学生や外国人留学生が教育ローンを利用するというのは基本的には出来ないと言えるでしょう。

学費目的とはいえ、お金を借りることになりますので借主は貸借契約の責任を取らなければいけません。

そのために融資を受ける人物が成人であることや安定した収入があることは必須条件となります。

また、仕事を辞める予定がないことや家賃、光熱費など生活費すべてを自分の収入でしっかり支払えているかということも重要になります。

国の教育ローンよりも三井住友銀行やみずほ銀行などの教育ローンのほうが融資の可能性は高いと思います。

教育ローンの融資の受け取り方法のひとつに一括で振り込まれる一括借入れ型があります。

つまりは住宅ローンのように一括で全額受け取るタイプの融資です。

銀行などはこの一括借入れ型になります。

一括借入れ型の主な特徴としてローンの契約が成立すると同時に返済金額が確定となる事です。

返済計画が立てやすいというメリットがありますが計画的に融資を使っていかないと、不足した時に新たにローンを組まなければいけないなんてことになってしまうかもしれません。

学校に通うためにアルバイトしているという人でも収入があれば教育ローンで融資を受けることは可能です。

但し、ローンが組める人の条件として20歳以上の成人でないと融資を受けることはできません。

ローン契約には安定継続した収入が必要という条件が設定されていることが多いので勤続年数は長いに越したことはありません。

返済能力も重要なポイントなので最低でも200万円以上の収入が必要になります。

いずれにしても、学生本人が借主というのはあまり見ないので奨学金を申請した方が近道だと思います。

金利が低い教育ローンと言えば国営の教育一般貸付です。

金利は年1.76%という低金利となっており銀行やノンバンクのローンよりもかなり安いです。

一般的に銀行で3から5%、信販系は5から10%という金利が多いので国のローンがどれだけ低金利なのかがわかりますね。

学費以外に受験時の交通費や宿泊費、パソコン購入費など幅広く多様な使い道に対応可能となっています。

しかし、教育ローンは母子家庭や低所得者の救済する目的のローンなので対象となるのは高校や大学などで学びたいという中学校卒業以上の子供になります。

参考:教育ローン母子家庭でも借り入れできる?【審査基準】

ろうきんは労働組合や生協などが会員となり出資を行い会員同士お互いを助けあうことを目的とする非営利団体です。

銀行やノンバンクなどの営利目的ではありませんので金利は2から3%台と比較的低くめになっているのが特徴的です。

融資限度額は1000万円から2000万円と、教育ローンとしては結構高額で返済期間は15年から20年で長期ローンになっているのが特徴です。

会員外の一般の人でも借りることはできますが労働組合や生協組合などの会員は優遇金利が適用されるケースが多いです。

地方の労金の場合は入学金や学費以外に子供への仕送りや下宿代に利用することも許可しています。

奨学と教育ローンの違いは何でしょう?教育ローンと奨学金は教育に関する借金と言う点では同じかもしれませんがそれぞれ内容は異なります。

教育ローンというのは借主は保護者となりますが奨学金は学生本人が借主となります。

借り方についても2つのローンには違いがあり、教育ローンは一括で振り込まれますが奨学金は月ごとに定額振込みが基本となっています。

利息についても違いがあり、教育ローンは借りた日の翌日から発生するのに対し、奨学金の場合は、在学中には利息は発生しません。

返済開始の時期についてですが、教育ローンは借りた翌月から始まるのですが、奨学金は卒業後からの返済となります。

三井住友銀行やみずほ銀行などの教育ローンというものは、普通は、金利が低い商品が多いです。

ノンバンクの教育ローンより融資金額は大きいですしローンの返済期間も長めに設定されているので余裕を持って返済ができます。

近頃はネット銀行もだいぶ増えているのでWeb上で手続きをするだけで完結できる銀行が多くなり利便性もとても向上しています。

銀行口座がなくても申し込めるローンもありますが口座を持っていると優遇金利を受けられる銀行が一般的です。

また、住宅ローンの利用でも金利が優遇される銀行もあります。

教育ローンを提供している金融機関は銀行や信販会社などたくさんあります。

その中で1番おすすめしたいのは教育一般貸付という国の教育ローンです。

融資額は最高でも350万円と少なめですが、年利はわずか1.76%で固定金利なので安心ですね。

使途は大学や高校以外にも専門学校や各種学校など幅広く対応しています。

使い道も入学金や授業料に限ったことでなく教材費はもちろんのこと定期代や賃貸住宅の支払いなど広範囲に認められています。

教育ローンの返済は借りた月の翌月か翌々月から始まることになります。

利息に関しては、借りた日の翌日から発生するのですが、在学中は利息分のみの支払が認められている商品もあります。

返済期間は長いローンでなんと、最長20年借入可というものがあります。

しかし、返済期間が長引けば長引くほど返済金額はどんどん大きくなりますので注意しなければいけません。

教育ローンと言っても要は借金ですから事前に返済シミュレーションを行い、返済状況を逐次確認することをおすすめします。

教育ローンを比較するのであればランキングサイトを利用すると効率的です。

わざわざ金融機関を回ったり資料請求する必要もありません。

金利や借入可能額は一覧表になっていますので、容易に比較可能です。

中には、来店の要・不要やローンのお勧めポイントが掲載されているサイトもあります。

銀行のHPへリンクが貼られていることが多いので是非ご活用ください。

国が貸し付けている教育ローンをご存知ですか?国の教育ローンは日本政策金融公庫が取り扱っています。

教育一般貸付という名称で、最高350万円(海外留学資金の場合は最高450万円)まで借り入れることができます。

金利はわずか年1.76%と低く設定されているほか固定金利なので利子の心配はあまりありません。

所得や子供の数によって融資可能な年収の上限額が変わります。

ローンの使途は銀行やノンバンクよりも幅広く在学のために必要となる住居費用などにも使うことができます。

教育ローンとはローンの使途を教育関係の費用に限定したローンになります。

進学を控えた学生の保護者などが学費の入学金のためにローンを組む場合が多いようです。

高校や大学にかかる学費はもちろんのこと、私立の小・中学校でもローンの対象となります。

教育ローンの融資を実施している金融機関は銀行やノンバンクになります。

注意しておきたい点として金融機関によっては保育園の費用や習い事には利用不可としているローンがあります。

教育ローンにはカードローン型と呼ばれるタイプもあります。

一般的なカードローンと同じでカードの限度額の範囲内なら借り入れや返済を自由に繰り返すことができるといったローンです。

一般のカードローンと異なる点は教育資金以外には借り入れたお金を使ってはいけないということです。

消費者金融や信販会社に良く見られる商品なのですがカードローン型を提供している銀行もあります。

学費が明確になる初年度は一括借入れ型でかかる学費がよみ辛い2年目以降でカードローン型が利用できるという金融機関もあります。