リフォームローンの審査に通らない理由とは?審査に落ちる場合って何?

最近話題のアプラスのリフォームローンはリフォームプランという商品名で提供されています。

申込要件として、20歳以上65歳未満の安定収入がある人、返済回数は最長で84回(7年)、融資可能額は10万円以上300万円以内という大変ライトなローンになっています。

この場合審査は通りやすいため審査落ちが気になる方にもおすすめです。

アプラスの金利ですが、短期融資のため7.20%から14.40%とやや高めの設定になっています。

この場合審査は通りやすいため審査落ちが気になる方にもおすすめです。

家に居ながら申し込みが可能なことや担保・保証人が不要なので小規模なリフォームにはベストマッチです。

返済のシミュレーションも条件を詳細に設定することができますので、アプラスのリフォームローンに興味のある方は一度、HPをご覧になってみることをおすすめします。

ご存知の事とは思いますがリフォームローンの金利相場は市場金利に応じて上下します。

担保の有無によっても金利が変動し現在は有担保型なら1から2%、無担保型なら2から5%が相場です。

金利タイプには大きく分類すると2種類あり変動金利型と固定金利型があります。

ただしこの場合リフォームローンの審査に通らないこともあるので注意しておいてください。

変動金利型というのは市場金利に比例して半年ごとに金利が更新されるローンで固定金利型は市場金利の変化に関係なく、金利は一定のローンです。

さらに固定金利型には完済まで継続となる長期固定金利型と指定したある期間内だけ固定金利で、満了するごとに長期型か変動型に指定する固定金利選択型があります。

ただしこの場合リフォームローンの審査に通らないこともあるので注意しておいてください。

多くの人がおすすめするリフォームローンを探すには 多くのユーザーが集まっているランキングサイトを利用すると良いでしょう。

とはいえ、住宅事情というものは人それぞれで異なりますので一概にネット情報だけに頼るのはいけません。

まず、現在の住宅で不満な点を家族で洗い出してリフォームに必要な金額を算出してからピッタリのリフォームローンを探しましょう。

リフォームの費用が高額なる場合有担保型ローンが低金利のためおすすめですが、低額の場合なら小回りが利く無担保型ローンが良いと思います。

また、中古住宅の購入と併せてリフォームを考えている方は一体型のリフォームローンであれば金利を抑えることができます。

リフォームを行うにあたって必要となってくるのがリフォームローンの頭金です。

その料金は施工する業者によって様々です。

リフォーム工事に取り掛かる前に頭金が必要という業者もいれば工事完了後に一括払いという業者もいます。

工事料金についても施工業者によって大分違いますので複数のリフォーム業者から見積もりを取って比べることをおすすめします。

通常、頭金の金額は工事費用の1割から2割程度が一般的ですが、最初に勝手に見積もりを出し資材費を請求してくるような業者もいます。

後で追加資材の費用など不明な費用を請求されないためには事前に業者に確認して、その内容を契約書に記載させることです。

リフォームローンでいくら借りられるかというのは、リフォームをするにあたり一番最重な項目ですね。

しかし、リフォームローンというものは住宅ローンと比べて借入限度額はわずか1/10です。

リフォームローンで借入れできる金額は最大でも500万円から1000万円になります。

しかし、リフォームローンの金利は2%から5%という高金利で、返済期間は最長でも10年から15年ですので、借入金額が多いと返済額が大きくなってしまいます。

返済に無理のない借入額をきちんとシミュレーションすることがローン組む上で重要です。

リフォームローンの一体型とはどういったものかご存知ですか?要は、住宅ローンとセットなっているローンのことです。

中古物件を購入してリフォームを予定している場合一体型ローンがだんぜんおすすめです。

リフォームローンは住宅ローンよりも金利が高いので一元化することでリフォームに関しても低金利が適用されますただ、気を付けなければいけないのが、ローンの事前審査でリフォームの見積書が必要と言われたり、リフォーム工事の契約書が必要になる場合があります。

ただしこの場合リフォームローンの審査に通らないこともあるので注意しておいてください。

ですから、中古住宅探しと並行しながらリフォーム業者を探し、見積もりなどを取っておく必要があるのです。

リフォームローン金利比較は大手の比較サイトを利用するのが効率的です。

比較サイトなら複数の金融機関が掲載されていますし、限度額や借入れ条件を簡単に比較できます。

金利や借入限度額、審査時間など条件に応じて並び替えができるのも便利です。

親切なサイトでは金融機関のリンクが貼られていますのでわざわざ検索する手間が省けます。

最近はネット銀行が増えてきたので来店せずとも自宅で申し込めるローンが増えています。

アルヒのリフォームローンについて紹介します。

アルヒのリフォームローンは申込資格には、満20歳以上から65歳未満と定められています。

融資金額は50万円以上1 000万円以内とリフォームローンとしては高額で、返済回数も1年(12回)から35年(420回)と住宅ローン並みに長期です。

そのため契約を結ぶには連帯保証人が必須になり、融資の合計金額が500万円を超える場合は抵当権も設定されることになりますので、団信保険を付けるプランを利用することもできます。

アルヒの利率は変動金利型で、年に2回の長期プライムレートを3か月後の口座振替から適用します。

諸費用・リフォームローン及びフリーダムプラスにはAプラン、Bプランの2種類があり、それぞれ基準金利と事務手数料が異なります。

(事務手数料は融資実行時に融資金より差引かれます)後悔しないリフォームローンの選び方は金利だけを重視しないということです。この場合審査に通らないということも充分に考えられます。

参考:リフォームローン審査通らない理由は?【審査基準甘い銀行!】

期間や上限金額も重要な要素ですし、担保、保証人が必要かどうかも大きな要素となります。

また、団体信用生命保険の加入可否や事務手数料などの諸費用や審査に通るか通らないかも比較要件となります。

建材会社の中には自社商品を使ってリフォームすることで金利0%かつ無担保ローンというのを提供してくれる会社もあるのです。

リフォームローンは様々な会社から魅力的なプランが用意されていますのでまずはリフォーム会社に相談してみてはいかがでしょう。

リフォームローンにシミュレーションできることをご存知ですか?シミュレーションは金融機関のHPで試算することができます。

検索ウィンドウに「リフォーム」や「シミュレーション」といった言葉を入力すると該当するHPが複数ヒットします。

借入希望額、返済期間やボーナス時の返済額や割合を入力すると毎月の返済額が瞬時に算出されます。

個人情報の登録などは一切ないので気軽に利用することができます。

返済額の計算は複雑ですので折角の機能を存分に使わせてもらいましょう。

オリコのリフォームローンは365日年中無休、仮受付してくれるWebリフォームローン仮受付が便利です。

来店不要でパソコンから申し込みができ最短2日という速さで審査結果が送られてきます。

オリコのリフォームローンは固定金利が適用されるのですが、保証人や担保、保証料などを用意しなくて良いという最大のメリットがあります。

ただしこの場合リフォームローンの審査に通らないこともあるので注意しておいてください。

使途には改修工事やリフォームに限らずソーラーシステムの設置工事にも利用することができます。

申込時の注意点としてWeb仮受付の申し込みにはオリコとの提携販売会社やリフォーム会社との契約が必要であり、販売店のコードもしくはIDを入力しなければなりませんのでご留意ください。

楽天にもリフォームローンあるのですが、楽天のリフォームローンには【フラット35(リフォーム一体型)】があります。

ただしこの場合リフォームローンの審査に通らないこともあるので注意しておいてください。

住宅の購入資金+リフォームの工事資金を合わせ1つのローンで融資が受けられるという商品です。

2016年10月からは新たな商品である【フラット35】リノベが販売されています。

【フラット35(リフォーム一体型)】との違いは何かと言うと当初5年間または10年間の金利が0.6%引き下げが受けられることです。

注意点として、工事前に適合している基準は対象とならないことやフラット35Sと併用することはできません。

金融機関より借り入れたリフォームローンが余ってしまった場合、融資業者に返金する必要はあるのでしょうか?融資金額は見積書などによって決定しますから余るケースは稀ですが架空請求してしまったみたいで落ち着かないですよね。

片や、建設業界では追加費用が発生しても補えるように事前に上乗せ融資を勧めるといった業者もいます。

また、金融機関においても追加融資が難しいと判断された場合には予め上乗せ融資を勧めるといったことがあるようです。

融資を受けたのにリフォーム以外でお金を使ったということでもない限り、融資を受けた側が最終的に完済すれば問題が無く、そのまま放置していてもいいようですが、気になる人は繰り上げ返済をしておけば良いと思います。

リフォームを考えている方へ、リフォームローン審査に通らない理由について紹介します。

リフォームローン審査に通らない理由というものは住宅ローンを利用してリフォームを行う場合に対象になります。

対象となる工事には何でも対象になるというわけではなくいくつか条件があります。

ただしこの場合リフォームローンの審査に通らないこともあるので注意しておいてください。

リフォーム内容は耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などに限られ100万円を超える場合に適用されます。

申請を行う人物についても要件があり工事完了から6ヶ月以内に本人が居住することや、年収3000万円以下で返済期間が10年以上など細かく条件が定められています。

また、減税は自己申告する必要があるため確定申告を行わなければ適用されません。

なるべく低金利でリフォームローンを借りるには担保型のローンを選びましょう。

リフォームローンには主に担保形と無担保型と呼ばれるものがあり借入期間や借入可能額のほか、金利相場などに違いがあります。

ただしこの場合リフォームローンの審査に通らないこともあるので注意しておいてください。

無担保型の場合、借入期間は最長で10年から15年で借入れ可能な上、限金額は500から1000万円ですが、担保型であれば期間は最長で35年、上限金額は1000万円から1億円に跳ね上がり審査に通らなくなります。

金利は長期の借入の方が低金利になるため無担保型の約2から5%という金利に対して、担保型は約1から2%といった低い金利となります。

その上、貸付金利タイプでも差があって固定金利と変動金利を比較した場合変動金利の方が低金利となっています。

この場合審査は通りやすいため審査落ちが気になる方にもおすすめです。